あきらめないで、40代になっても30代の時のバストを手にできますよ!

40代になり、バストの位置が下がってきたり、形が崩れてきたりという経験をする人も多いのではないでしょうか。

そういったことが気になり始めたものの、バストアップ方法が分からない・・・年齢のこともありバストアップ方法に取り組めない人も少なくありません。

しかし何歳になってもバストアップに遅いということはありません。

40代のバストアップ方法で重要なことは、筋力アップと正しい姿勢、バスト周りのリンパマッサージ、女性ホルモンの分泌です。

年齢とともに筋肉量が減少し、筋力が衰えてきます。

筋力が衰えることで猫背になり、それにまかせてしまっていてはバストも下がる一方です。

大胸筋(胸の筋肉)や僧坊筋(背中の筋肉)、三角筋(肩の筋肉)を鍛えるエクササイズを取り入れることで筋力がアップします。

すると猫背の改善にもつながり、きれいなバストに近づきます。

また、きれいなバストを保つにはリンパマッサージも有効です。

バストアップに特に有効なのは腋窩(えきか)リンパ節と鎖骨(さこつ)リンパ節で、この2つのリンパをマッサージすることで溜まった毒素や老廃物を排出し、血行を促進します。ちなみに、腋窩(えきか)リンパ節とは脇の下のリンパのことです。

乳腺を刺激することもバストアップに効果的ですので、積極的にマッサージしましょう。

食事や睡眠など規則正しい生活を心がけることも大切ですが、年齢とともに減少する女性ホルモンを活発にすることもかなり有効です。特に、40代になると女性ホルモンの分泌量は大幅に減りだします。

女性ホルモンを分泌させるには、卵巣に働くツボを押すことでも促されますが、一番即効性があるのはプエラリアサプリを摂取することです。

正しいバストアップ方法を諦めずに取り組んでいけば、40代でも30代と変わらない体型を手にできますよ。