イメージの力、潜在意識の力をバカにしないで!

バストアップをするにはまず、胸の事をよく理解していなければなりません。胸の大半は脂肪でできており、主に胸の脂肪量の多さがバストの大きさにつながります。

脂肪のほかに胸の大きさを決めているのは、胸の筋肉である大胸筋です。この大胸筋が胸の脂肪を支えています。

バストアップをする際には、この胸の脂肪量を増やすことと大胸筋を鍛えることの二つがメインになってきます。

胸の脂肪量を増やす鍵は、女性ホルモンです。女性ホルモンは髪の毛を生やしたり、肌のコンディションを整えたりしたりする女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

バストアップの時に重要なのは、女性ホルモンの胸の脂肪量を増やす効果です。

女性ホルモンは胸の脂肪量の増減に関わっています。女性ホルモンの分泌量を増やすと胸脂肪の量が増えるのです。

しかし、ただ単に女性ホルモンを分泌させているだけでは、胸は大きくなりません。

その理由は、先ほどにも書いたように、女性ホルモンには髪の毛を生やしたり、肌のコンディションを整えたりするなどの大切な役目があるからです。

しかも、それらの役目はバストアップよりも優先順位が高い状態にあり、胸の脂肪の貯蓄は後回しにされてしまうのです。

なので、バストアップをする為には潜在意識を利用しなければなりません。

毎日胸が大きくなることをイメージして、バストアップの優先順位を上げることで、女性ホルモンが胸に脂肪を貯蓄しやすい状態を作ることが大切なのです。

イメージの力、潜在意識の力をバカにしてはいけませんよ。