一ヶ月で胸を大きくしたいなら女性ホルモンの分泌量を増やそう!

胸は「乳腺」と「脂肪」でできています。そして、胸の大きさを決めるのは「脂肪」です。なぜなら、胸の大半は脂肪でできているからです。

なので、バストアップしたいなら胸の脂肪量を増やすということが重要になってきます。

胸の脂肪を増やしたいからといって、むやみやたらと食事の量を増やし、摂取する脂肪の量を増やしてもあまり効果はありません。

脂肪だからといって脂肪をたくさん摂取しても、胸だけに脂肪を集めるわけではなく、お腹など他の部位にも脂肪を蓄えてしまうからです。

なので、食事から脂肪をたくさんとって胸だけを大きくしようとすることは、かなり難易度が高いことなのです。

女性が胸の脂肪を増やすには、女性ホルモンを分泌させることが必要になってきます。

女性ホルモンはお肌をすべすべにしたり、女性の生理周期を整えたりなど、女性にとって必要不可欠なホルモンです。

この女性ホルモンですが、バストアップをする効果もあるのです。

女性は妊娠をすると、乳房が膨らみ、そしてバストアップします。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が大幅に増えることで、胸も大きくなるのです。

このことから分かるように、バスアップには女性ホルモンを分泌させることが重要になってきます。

女性ホルモンの分泌方法には色々ありますが、簡単にできることはプエラリア配合サプリを読むことです。

プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をすると言われ、摂取すると女性ホルモンの分泌量が増えてきます。

しかし、サプリを飲んだからといってすぐに大量の女性ホルモンが分泌されるわけではなく、できれば一ヶ月は続ける必要があるようです。