理想は成長ホルモンの分泌が一番活発になる22時〜2時の間に寝ていることです!

胸を大きくしたいという場合は、生活習慣を見直す必要がありますが、中でも重要なのが睡眠です。

質の良い睡眠を取ることで、胸にしっかりと栄養が行き渡り、バストが育ちやすい体を作ることができます。

さらに良質な睡眠は、胸だけではなく美肌やダイエット、デトックス、アンチエイジングなどの効果があり、女性の美と健康を維持するためには非常に大切なものなのです。

特に、夜10時から深夜2時の間は成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間帯と言われており、この時間に就寝しておくと、細胞の修復や再生が行われ、栄養分が十分に供給されます。

寝不足が続くと肌が疲れてきたり、体がだるくなったりしますが、これにもちゃんと理由があります。

それは、眠っている間に行われるはずの細胞の修復・再生や栄養補給が十分に行われなくなり、血行不良や代謝の低下により疲れが残ってしまったり不調になるからです。

また、睡眠不足によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまう可能性も高く、そうなるとバストアップを妨げられてしまいます。

バストアップを本気で目指すのなら、深夜0時前には寝て心身の休息を十分に行う必要があります。

また、寝るという行為はバストアップ効果を高める以外にも、体と心を安定させるという重要な作用があります。

心身共に充実している事が心地よく眠るということに繋がるため、バストアップと睡眠は深く関わっていると言えます。

ぐっすりと良質な睡眠をとるためには、規則正しい生活と適度な運動を心がけた生活を送り、ストレスを溜め込まないことが重要です。

また、以前は就寝中はブラジャーをしないほうが良いといわれていましたが、今は就寝中もブラジャーをした方がいいという理論が一般的です。

というのも、バストは変幻自在で小さくても垂れやすいため、1日の3分の1を占める睡眠中ずーと垂れている状態になってしまうからです。。

この状態を避けるためにも、バストアップ効果のあるナイトブラを着用して、バストの形を崩れることなく美しく保って寝ることをオススメします!