バストアップはできるだけ若いうちに対策した方がいいですよ!

女性のバストの大きさは、乳首の周りにある乳腺の量によって決まります。

乳腺が刺激されると、女性ホルモンを放出することになり、それが胸を大きくする原因となるのです。

女性ホルモンの放出量が多い時期と言うのは思春期です。

思春期に激しい運動や必要以上の負担を体にかけてしまうと、女性ホルモンの分泌が妨げられ、胸の周りに脂肪が集まらなくなり胸が小さくなってしまうのです。

女性のバストの大きさを決めるのは胸の脂肪の量です。そして、その胸の脂肪の量を増やしているのが女性ホルモンなのです。

つまり、バストアップをするにはまず、たくさんの女性ホルモンを分泌させることが重要になってきます。

年齢を重ねるほど、女性の身体は女性ホルモンの分泌量が下がってしまうので、バストアップすることは難しくなってきます。

なので、バストアップはできるだけ若いうちに対策をしておくことが大切です。

女性ホルモンを分泌させるためには、しっかりとした睡眠と健康的な生活を送ることが大切です。

しかし、年齢を重ねてもバストアップをあきらめることはありません。その理由は、胸そのものの大きさを決めているのは脂肪ですが、その脂肪を支えているのは大胸筋だからです。

この大胸筋を鍛えることで、胸の脂肪を前に押し出してくれるので、胸の大きさの底上げをしてくれるのです。

筋トレをすると脂肪が減ってしまい、胸が小さくなると思う人が多いのですが、筋力トレーニングでは脂肪の燃焼の割合が低く、胸が小さくなってしまうことはありません。

この原理を知っておくと、より効率的にバストアップを期待できます。