ボロンは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化します!

バストアップにはイソフラボンやプエラリアといった成分が知られていますが、日々良く食されているキャベツにもバストアップ効果があると言われています。

キャベツにはバストアップに効果的とされる成分である「ボロン」というホウ素が含まれており、野菜や果実に多く含まれているミネラルです。

ボロンには女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化し、骨を強化する作用がありますが、胸を大きくする直接的な効果があるわけではなく、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させて、バストの脂肪を増やすという効果があるようです。

ボロンはブドウやリンゴ、梨、桃、レーズンやアーモンド、わかめやひじき、昆布などの海藻類にも豊富に含まれており、女性がかかりやすい骨粗しょう症を予防する働きや、繊維質の多さから便秘予防にも効果的と言われています。

ボロンは熱に弱いため、できるだけ生食で摂取すると効果を有効的に摂取することができ、1日に必要な摂取量は3mg程度だと言われています。

必要な量をキャベツやリンゴを生食で摂取するのは非常に大変ですから、ボロン成分を配合したサプリメントの摂取も良いでしょう。

ボロンはバストアップサプリメントとしてではなく、骨粗しょう症予防サプリメントとして販売されている事も多いのですが、サプリメントは手軽に摂取できるメリットがありますが、摂取量に注意しないとホルモンバランスが崩れてしまう恐れがあるので注意して摂取しましょう。