牛乳、腕立て、8キロ太って胸だけ残す!

タレントのほしのあきさんのボデイに憧れる女性は多いですよね。痩せているのに胸だけすごく大きく、お人形のような体型です。

胸が大きい女性が好きなのは男性だけではありません。

そんなほしのあきさんはどのように胸を大きくしたのか? そのバストアップ方法を紹介します!

まず、ほしのあきさんは牛乳が好きで、よく飲むようにしています。

牛乳にはたんぱく質やカルシウムが含まれていますが、その他にも脂肪やアミノ酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンDなども含んでいます。

そして次に、よく腕立て伏せをします。

最近では、腕立て伏せをするのが良いバストアップ方法だと言われています。

胸の筋肉をしっかり鍛えることで綺麗なバストを維持し、垂れを防ぎ、乳腺に刺激を与えることができるので、大変良いバストアップ方法です。

実は、ほしのあきさんはグラビアを始める前は胸がBカップでしたが、意図的に太って体重を8キロ増加させて、その時に同時に胸が大きくなったそうです。

その後、バストだけを残し、お腹や二の腕についた肉をマッサージし、胸に肉を持ってきたそうです。

彼女の場合、太って胸だけ残せましたが、通常ダイエットするとまず胸から脂肪が落ちていきます。

ですから、まずは太って胸だけ残す方法はガリガリ体型の人のみ有効で、すでに太っていて胸が小さい人はそれ以上体重を増加させない方が良いです。

どんなバストアップ方法であれ、あれほど美しい身体を維持しているのは、彼女がすごく努力しているからに違いありませんね。