大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど豊富な栄養素が含まれています!

バストアップには「きなこ豆乳」が効くと言われていますが、どのような効能があるのでしょうか。

きなこは大豆を炒って皮をむいて挽いた粉です。豆乳は大豆を水に浸してすりつぶして水を加えて煮つめた汁です。

つまり、「きなこ」も「豆乳」もどちらも「大豆製品」です。

大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほど、多くの栄養素が含まれています。

悪玉コレステロールを下げる良質なたんぱく質や脂質の他に、ビタミンB1・鉄分・カルシウム・食物繊維なども含まれています。

さらに、大豆の成分であるサポニンやイソフラボンには、ファイトケミカルという物質が含まれていることも分かってきました。

このファイトケミカルには、中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする働きがあります。

他にも強い抗酸化作用や免疫力を上げる働きも持っており、大豆は非常に栄養価の高い食材なのです。

大豆のファイトケミカルのひとつであるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに形も働きも似ています。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、女性が女性らしい体になるためのホルモンです。

胸を大きくしたり、月経、妊娠、出産、閉経などに関係しています。

このホルモンによく似ている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を助けると同時に、イソフラボン自体も女性ホルモンの働きをします。

それによって女性らしい体になるので、バストアップが期待できるのです。

先述したとおり、「きなこ豆乳」はどちらも大豆からできています。

「きなこ」からも「豆乳」からも大豆イソフラボンを摂ることができるので、よりバストアップの効果が高まります。

この他にも、「きなこ豆乳」は婦人科系疾患や更年期障害などにも効果のある女性に優しい飲み物なのです。